ワックスをかける

車の洗浄をした後にワックスをかけることでしょう。その説明をしていきますね。
車にワックスをかける前にはできるだけマスキングをしておいてください。これをしないといろいろと厄介なことになりますのでやっておきましょう。マスキングをする場合は専用のテープがありますので、それを使用することで簡単にすることが出来ます。

 

これが終わったらワックスをかけると良いでしょう。ワックスをかける順番としては、ルーフ、ピラー、ボンネット、トラック、その他の順番にしていくと良いでしょう。ピラーは届かない場合がありますので、その場合は無理をしないで脚立などを使用してください。そして、ワックスをかける時の注意として適当にワックスをかけないようにしましょう。基本は一定方向に塗りこんでいくことです。そうしないとシミやムラができるので注意してください。

 
ある程度ワックスをかけることができれば、拭き取るようにしましょう。長時間ワックスをかけっぱなしと言うのはあまり良くありませんので、拭き取りましょう。この時に拭き残しは避けるようにしてしっかりと拭き取りをしてください。でないとシミになります。
このようにしてワックスをかけていくでしょう。上手くワックスをすることができれば、綺麗な自分の車を見ることができるので頑張ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。